大地震の後、対応!!特にマンションに住んでいる方は、すべきことを何か知ってますか??

大地震が、おきたら、何を一番するのが、とても重要なのをご存知ですか?

 

 

今回、実際に神戸で、あの阪神大震災に、実際に体験したことのある友達の話をもとに、ここで、それを紹介します。

それは、とにかく、水が、キープする事がとても重要だとのことです。

ここで言う水とは、飲み水用で、利用するのも、もちろんですが、それ以上に、トイレ用の水や、身体を洗う水として、かなり、役に立ったと友達は、説明してくれました。
その彼は、当時、神戸のマンションに家族と住んでいて、大きな揺れがあって、しばらく静まりかえった時、

彼の父親は、勇敢にも、すぐに、マンションの屋上にいき、貯水槽から、水をバケツや、クーラボックスに入れて戻ってきたとのことです。

そうなんです。

マンションの貯水槽なら、地震でも、水は、出るからです。
でこの水があったおかげで、トイレも、普通に家で、あまり嫌な思いをしないで、用をたせたとのことです。

 

その時の彼の周りの人は、その時、水を確保しておなかったから、トイレが、とんでもないことになってしまったとのことっです。つまり、水が、でないから、もう、座ってうんこが、できないくらい溜まってしまい、とても、汚い思いをした方が、たくさんいたそうです。

ということです。
これ、かなり重要な事なので、もし、家にそのような貯水槽がないなら、常に、震災用に水を確保しておくことをお薦めします。