昼食後、しばらくした後に眠くなってしまうのでしょうか?

どうして、昼食後、しばらくした後に眠くなってしまうのでしょうか。

人間は昼行性の動物で、昼間に覚醒を高めているから、基本的に、その前夜に十分に睡眠をとっていれば、日中は、眠くないように体になってますが、だからといって、皆さんも知っているように、昼間の間ずっと、完璧に目覚めているわけでないです。

1nemuia

 

特に、食後、しばらくした後、眠くなりますよねえ!!

 

その理由の一つは、昼間は、常に、覚醒されているわけではなく、少し波もあろり、だいたい午後の2時、3時ごろ、目覚めている状態(覚醒の状態)が一時的に低下して、眠気を感じてしまうとの事。

もう一つの理由は、食事を食べると、胃での食べ物を消化するために、血流がそちらに集中して、脳への血流が、少なくなり、また、食べ物をとることに、より、血糖値が、上がり、目覚めている状態を維持している
覚醒の状態が、低下して、眠たくなってしまうという事です。

でも、仕事をしてる時に、上司がいる前で、眠い姿を見せるのは、いやだからぜひとも昼間の眠気を抑える方法を知りたいという方にどのようにしたら、この昼間の眠気を抑えるようにする事ができるのか、紹介します。

その方法は、以下の通りです。

 

昼食の時、あまり水分をとらないようにするという方法です。

なんで、水分は、あまりとりすぎては、いけないというと、水分をとると胃酸が薄まり、消化する時間も、かかって、それで、脳にも血流がいきずらくなり眠気が増すので、なるべく水分をとり過ぎないよいにしましょう。

それから、食べ物も、あまり炭水化物であるご飯や、パン、パスタなどもとりすぎると、血糖値が上がりやすくなるので、なるべく炭水化物は、控えるようにしましょう。

僕も、ごはんが、大好きで、いつも、食べすぎてしまいます、だから、いつも、昼食後は、眠くなっていたんだよなあ!!

 

おすすめの眠気、抑えり食べ物は、

アーモンド、ナッツ。
玄米
ヨーグルト、
りんご
グレープフルーツ

です。

たくさん野菜や、魚類を食べるようにして、あまり炭水化物は、食べすぎないようにしましょう。