睡眠時間をとりすぎるより、少し少なめに寝る方が、長生くするって、本当??

あなたは、平均、毎日、どのくらい睡眠をとっていますか??

睡眠は、健康で、生活するうえで、とても重要な事は、知っているかと思いますが、だからといって、睡眠を逆にとりすぎるのも、あまり賢い選択では、ないということが、アメリカの研究で、明らかになりました。

どうして、そんな事が、言えるのかというと、

100万に以上を対象にして、統計を取ったところ、驚きべき結果が、わかったのです。

その統計によると、なんと一番、寿命が長い人達の平均睡眠時間は、6時間半から、7時間半という人達で、それより長く平均8時間以上、眠っている人達の方が、寿命が短いという結果がでたのです。

どうして、そんな結果になってしまったのでしょうか??

おそらく、寝過ぎにより、食べる時間帯が、ずれて、夜中に食べ過ぎてしまい身体に害を与えているという事が考えられますが、

実際のところ、どうして、寝過ぎが身体に悪い影響を与えたのか、その理由は、わかっていません。

 

ちなみに、2番目に寿命が、長い人達は、平均睡眠時間をたったの、6時間未満の人達、そして、3番目に寿命が、長い人達の平均睡眠時間は、8時間以上の睡眠時間の人達という結果でした。

ただし、ただ、毎日、睡眠時間を6時間半から、7時間半をとれば、いつ眠っても良いというわけではなく、短時間で、睡眠の効果を最大限に引き出すには、ある時間帯は、もっとも睡眠をとらなければ、いけない時間帯なので、その時間帯は、確実に眠るようにしてください。
で、そのもっとも睡眠をとるべき時間帯というのは、午後10時から、午前2時という時間で、その時間帯は、サーチュイン遺伝子という体の細胞の新生を促す成長ホルモンの分泌や若返りに関わる遺伝子が、活発に活動する時間帯なので、この時間帯の間は、必ず眠るようにしてください。

いずれにせよ、もし、あなたが、長生きをしたいのだったら、夜10時から、朝2時の間は、必ず眠るようにして、それで、毎日の睡眠時間を6時間半から、7時間半にする習慣にすれば、十分に長生きできる可能性が高いので、意識してこのよに寝る習慣をつくることをお薦めします。