とんでもなくきつい仕事 海外

一番きつい仕事で僕が、経験した仕事、それは、

ダクト式エアコンで、 天井裏にはめこむタイプの仕事です。

この、ダクト式エアコンが、かなり大変です。

ほんとんどの家では、寒さを防ぐ為に、インシュレーションという(見た目、綿菓子みたいな物)を家の天井裏や、アンダーフロアにはめこんであります。
これが、かなりのくせ物で、このインシュレーションが、あるために、天井に設置している場合、どこが、骨組みの木材になっていて、しっかりしているところが、
このインシュレーションで、埋まっていて、見る事ができません。そして、このインシュレーションが、肌にあたるかなり痒いのです。

特に古い家の場合、結構、家の構造が、かなりおおざっぱな所もあり、これらを設置する為に、知らずに天井裏を歩いてしまうと、その骨組みの木材に、張り付けてあるプラスタボードの所を歩いてしまい、運が悪いと、天井に穴をあけてしまう可能性があります。

実際、この空調の仕事を始めて、10か月目に一度、足を踏み違い、天井に穴をあけてしまいました。

こちらが、その時、天井裏から撮った写真です。

↓  ↓

1ANAHOTR

 

まして、家の構造で、かなりこの天井裏が狭い、小さい場合があります。

でも、そこにしか、ダクト式エアコンのインバーターを置くことができない場合、そこに入れ込まない作業が,半端がなくきついです。

これが、夏のくそ熱い日に、そういう家にあたった場合は、本当に地獄です。

 

こちら↓が実際のそういう現場です。

1ATUUIBASYJ

 

熱さは、天井裏は、夏の昼間は、本当に60度近く、達していいる場合が、あります。

本当たり、暑く、サウナに入っている感じです。そんな場所で、なおかつ、くそ狭い場所で、ダクティングのインバーターとダクティングのホース等を設置しないといけないのです。
本当に狭すぎて、インバーターが天井裏に運べない場合は、屋根から、一度、屋根の瓦をどかして、屋根、上からこのダクティングのインバーターを入れ込みます。
それでも、ダクティングのホースは、意地でも、入れ込まないといけない場合があるので、かなリ汗だく、傷だけになりながら、入れ込む時があります。まさにこの時は、地獄の作業です。

つまりは、60度近い所で、這いながら、真っ暗な天井裏をヘッドライトをつけながら、屋根が穴が開かないように慎重に進みながら、途中で、蜘蛛の巣や、ネズミのミイラ化した死体を通りすがりながら、このダクティングのホースを入れ込む、作業をするのです。

正直、日本でも、いろいろきつい仕事(新聞配達、自動車の期間工)もやった事がありますが、このダクト式エアコンで、 めちゃくちゃ熱い狭い天井裏にはめこむタイプの仕事程、きつい仕事は、した事は、ありません。

もし、日本で、家庭を持っていて、でも何らかの理由で、失業してしまい、金銭的にもかなリまずい状況だったら、一度、死ぬ気になって仕事をやってみてください。

実際、私も大学を卒業して、なんか変なプライドがありましたが、家族を養なっていかないといけないので、そんな事は、いってられないと思い40才を過ぎてからの大きなチャレンジでした。

でもそのぐらい覚悟があれば、かなリ何でも出来るもんですよ。そう簡単には、人間死にません。

これは、僕の経験です。

もし、今、どうしようか躊躇している方がいたら、

一度、死ぬ気でやってみてください!

>>>>面接通過率90%!建築・設備・土木に特化した求人サービス

死にたい、自殺したいと思われている若い人達へ

死にたい、自殺したいと思われている若い人達へ

最近、ネットでいろいろ見ていたら、死にたい人の為の掲示や、2chを見つけました。

結構、死にたいと思っている人が、若者にも多いのでびっくりしました。

でも、なんで、そんなに死にたいのか?

2chで見てみると

学校でいじめられ、生きていたくないとか、進路が不安とか、思い通りにならないから、もう死にたいというにが、けっこう多い書き込みでした。

確かにいろいろ大変で、嫌な事もあるけど、僕の経験から、
本当に腹をくくったら、全然、なんとかなりますよ。

そんな事が、言えるお前、何者か?

と言われと思うので、簡単に自己紹介します。

現在、45歳のオヤジです。出身は、静岡県、18歳の時に、大学受験に失敗して、東京で、新聞配達をしながら、予備校に通い、翌年、見事、有名大学に合格し、その後、大学を卒業して、営業の仕事をしばらくして、30歳の時にニュージーランドに移住する。
その後、いろいろな仕事を海外でして、現在は、空調の仕事で毎日、蜘蛛の巣の多い、天井裏を這いまくり、100キロ近い室外機を毎日運んでます。こちらで知り合った中国人と結婚して、娘が2人いて、何度か、離婚の危機にあったが、キリスト教になって救われている今日、この頃です。

ということで、私の場合、日本で、大学を出て、日本で、普通に就職して、でも、海外での生活に憧れが、あり、30歳で、ニュージーランドに移住した変わり者です。

ここニュージーランドでは、私のようなやつは、現地の人からみたら、日本から来た変な奴、みたいにしか見られません。

それはそうですよねえ。
私の使う英語は、相変わらず、日本人英語の発音で、たまにわけがわからない場合もあるし、ここでは、たとえ、日本で有名大学を卒業していても、まったく関係ないです。
それより、もっと何か特殊な技術をもっていたほうが、現地の人にかなり、尊敬されてみられます。

ということで、話しがどんどん反れてますが、学校で、いじめて辛くれ、どうしよいもないなら、学校を辞めて、職人の道に、行くとか、海外で語学を学ぶとかするのもいいのでは、ないでしょうか?

自分に技術を持てば、一生、それで食べていけます。

また進路を、どうしようか悩んでるなら、一年間ぐらい休学や留年して、自分に、何が向いているのか、実家を離れて都会なり、田舎なりで自分が、興味のある仕事をやってみるのは、いかがですか?本当に自分がしたい事が見つかる可能性が高いです。

人生の決断するのに1年2年の遅れは、たいした問題じゃないです。

また、それでも、いじめられたり、進路に、悩んで不安なら、とにかく信頼できる友達や、家族、先生等に相談するのが、いいと思います。

もし、そういう信頼できる人が、いないなら、近くの教会で、牧師に相談にのってもらうと良いアドバイスをもらえ場合もあるので、行く価値は、あります。

実際、私もいろいろあって、最終的に、地元のキリスト教の教会に行き、牧師さんに相談して、妻
の離婚を回避した経験があります。