男性更年期障害って、40代で、おこるの?うつ病と似ている症状なの?

おそらく

女性の更年期障害というのは、よく効きますが、男性にも同じように、男性更年期障害というのが、あるのを知っていましたか??

1atedesu

 

男性更年期障害というのは、あまり世間には、知られていないので、でも結構、そのようになっている人もいるということです。

 

 

 

この男性更年期障害というのは、働き盛りの40代の半ばくらいから、起こる障害で、男性ホルモン「テストステロン」の不足におこる障害で、すぐに、イライラしたり、元気がなくなり気分が落ちこんだり、夜、疲れていても眠れなくなったりという事が男性ホルモン不足から、おこってしまう病気です。

それで、症状が、うつ病と似ているせいか、男性更年期障害になっているにも、かかわらず、間違えて自分の病気を認識している方が、結構、いるのが、今の現場です。

では、なぜ、最近は、そのような男性更年期障害になる人が増えているのでしょうか??

その理由は、現代の競争社会において、会社で、働くということは、とてもストレスのたまる事も結構あり、その結果、

男性ホルモン・テストステロンというのは、強いストレスがあると作られず、逆に減少してしまう性質をもっていて、

このような、男性更年期障害になってしまう事が、おこっているということです。

 

 

そして、この男性ホルモン・テストステロンが、不足してしまうと、当然、仕事をする意欲もなくなり、仕事でも集中力がなくなり、仕事でもミスをすることが、よくおこることになります。
逆にいうと、この男性ホルモン・テストステロンが高い人というのは、仕事の意欲もあり、どんどんいろいろチャレンジして、また、会社の仲でもうまく強調して働く事ができ、会社においては、リーダー的なポジションの方が多いです。

 

なので、このような症状になった場合、うつ病になったとすぎに判断は、、せずに、ひょっとしたら、男性更年期障害になったのかもしれないと思うようにする事がとても重要です。

 

なぜなら、うつ病と思いこんで、うつ病の薬を使用したりすると、そのうつ病の薬によっては、男性ホルモン・テストステロンを減少させてしまう作用もあこってしまうので、十分、判断を間違えないように気を付けてください.

人差し指と薬指の長さを比較して、どちらが、長いかをチェックすれば、だいたいわかります。

薬指の方が、人差し指より長かったら、テストステロン値が高い証拠で、一般の男性の場合は、人差し指より薬指のほうが長いです。

でも、逆に、男性の方で、人差し指の方が、薬指より長かったら、テストステロン値が低い証拠で、この場合、男性更年期障害になっているかもしれません。

確認してみてください。^^