会社の嫌いな同僚や上司とも我慢せず、うまく付き合うコツ

学生時代なら、自分と、合わない人ならその人を避けたり、
話さないようにすればいいので、別に嫌いな人とも付き合わなければよかったと思います。
でも、社会人になったら、そんな事は、できませんよね。
 嫌いな上司、同僚でも、上手くつきわないといけませんよね
でも、そんな話すのも嫌な上司や、同僚とどのようそんなに苦痛を感じずに付き合う事ができるのでしょうか??

1akirai

 

そのコツ、ポイントは、例え、嫌いなタイプの人でも、あえて、その人の長所は、何なのか、考えてみるのが、その人をそんなに嫌でなくなるポイントです。  

どんな嫌な人でも、よくよく調べてみると、それなりにいいところもありますよね。
たとえば、とても、細かいことまで、うるさい上司が、嫌なら、おそらく、そういう上司は、でも、細かい繊細なところまで、気が配れるので、仕事では、その上司のおかげて、大きな失敗は、する事は、少ないと思います。
まあ、とにかく、嫌な上司や、同僚でも、探せは、何かしら、良い所もあるはずです。
でも、ひょっとしたら、まったくそのような良い所が見つからない上司や、同僚もいるかもしれませんよねえ。

なので、
そんなとんでもなく嫌な上司、同僚の場合は、その人とは、必要最低限、どうしても、付き合わないといけない時だけ、つきあうようにすれば、いいです。

 

あるいは、相手になかなか話せないような雰囲気をつくるというのも作戦です。

つまり、もしも、上司や同僚がとんでもなく、無礼だったり、あるいは、とんでもない文句をいってきた場合は、

「今のことば、本当に心に刺さり、本当にショックです。」と、少し真剣な顔で、一度、言ってみといいです。ちょっと同情を受ける感じがベスト!!

(ただし、相手に否定的になるような表現は、避けるようにしましょう。)

そうすることにより、相手がなかなか、中に入ってこれない雰囲気をつくりことが、できます。

 とは、いっても、挨拶とかは、大人なのだからたとえ、嫌いでも、しっかりするようにしましょう!