40代 体力 衰えてくる時期、でも、私は、この方法で45歳でも、元気にがんばってます!

 

上記のように、体を鍛えてミトコンドリアを増やしうて活力を上げる方法もあり

ますが、

私は、下記のようにして、活力をつけました。

40代で体力の衰えを感じる方に、おすすめの体力作りの仕方です。

 

まず、その前に、簡単な私自身の自己紹介をします。

現在、45歳で、建築の仕事で現場で働います。

45歳でも、まだ、平気で高い所に登って作業もできますし、重たい物も、まだ、しっかり運ぶころができます。

私の体付きをみたらおそらく45歳の体型には、見れないぐらい、結構、引き締まっていて、筋肉も、かなりある身体です。

どうして45歳になっても、そこまで体力があるのか。

その理由の一番の要因は、メンタル的な事ですが、私の場合、家族があるし、でも、あまりこの年齢だと転職も難しく、それなりに稼げる仕事も今のところ、これしかなく、他に仕事の選択肢がいまのところないので、もう腹をくくっているからです。

なので身体の奥から、すごいパワーが、出続けているから、45歳になっても、建築の仕事をやっていけているのです。

そうなんです。人間は、本当にもう後がないとすごいパワーが出るものだとです。

もちろん、そういったメンタルだけでなく、体もしっかり休むようにしてます。なので、睡眠も十分にとりようにして、平均、毎日8時間、睡眠は、とっています。

また、食事も、それなりに気をつけ朝は、大きめのおにぎりを1個、中は、昆布や、梅干、かつおおぶしです。それに、少しナッツを食べてます。

昼は、少し小さめんの弁当をもってきていて、ご飯とおかずです。おかずは、肉の野菜炒めが、多いです。

そして夜は、同じご飯中心で、それに、野菜中心のおかずと、魚や、肉料理を食べてます。夜は、結構、食べてます。
そして、

 

こちらのニンニク高麗人参のサプリも、飲んでます。

           ↓   ↓

黒にんにく高麗人参


これは、親戚のおじさんが、これを飲んでから、とても調子が、いいというので、僕も、この
建築の仕事をし始めてからは、飲むようしてます。

このおかげで、翌日の仕事の疲れも、いつもなく毎日働くことができてます。

 

ドーピング 身体に悪いの?? どうしてスポーツ選手は、ドーピングやってしまうの??

ロシアが国自体が、悪いのは、知っているにもかかわらず、選手が、ドーピングを使用するのを認めてきていました。

そして、今回、秘密捜査でその事実が、わかり、今回のリオのオリンピックでロシア選手の参加が、禁止になったニュースを知って、ドーピングって、そんなに、いいものなの??そんなにスーパーパワーが出るの??そんなに身体に悪いのか??

といろいろ疑問に思ったので、少しドーピングについて、調べてみました。

 

まず、なぜ、オリンピック選手が悪いのを、知っているにもかかわらず、なぜ、やってしまうのでしょうか??

 

その理由は、特にオリンピックの選手で、それて、勝負に勝って、メダルをとると、国によっては、莫大な賞金がその選手に与えられるからです。

たとえば、インドなら、金メダリストに約3000万円  、そして、ロシアは、金メダリストに約1100万円ももらえるのです。それに、メダルをとれば、知名度もあがり、世界中の有名な企業から、オッファーがあったりして、CMのオファーなどでかなり、それで、稼ぐ事ができるとの事!

とどうやら、そういう経済的な理由でみんな、悪いのは、わかっていても、家が、貧乏とか、それに賭けるしかないという理由から、そのようにしている実情があるようです。

スポーツ選手がよく使用するドーピングの種類

ドーピングには、大きくあけて、2つの種類が、あります。

一つめは、あの有名なサッカーのマラドーナが、使用した鎮痛剤のかわりで、使用したコカイン。なぜ、しようしたというと、つまり、あの最高のプレーが、年齢とともに、なかなか、そのまでのプレーができなくなってきて、それでも、彼は、ピーク時のようにすごいプレーがしたく、でもそこまで、身体を動かすことは、どうしても、身体に無理をさせるわけで、結構、足、腰に負担がひどく、それで、かなり痛さも感じてたとの事です。その痛さをなくしたいがために、鎮痛剤の効果のあるコカインを使用したとのこと。

2つ目は、ベンジョンソンが、カールルイスに100メートル走に勝ちたいがために、使用した筋肉増強剤、これによって身体に普段以上のパワーがでるようになるとのことです。

 

 

でも、そこまで、身体に悪いのでしょうか??

 

実際、このドーピングを使用している時は、あまり、身体には、あまり悪い効果は、ほとんど、ないですが、その後、使用後に、徐々に影響がでてきます。

 

つまり、このドーピングのメインの成分に、膨大な男性ホルモンが含まれています。

そのため、これを利用しすぎると、すでに、膨大な男性ホルモンが、身体にいっぱいあるので、その後、なかなか、男性ホルモンを出さなくなるということです。

そのために逆に、女性ホルモンが大量に分泌され、乳房が男性なので、少し、出てきたりと、いろいろ弊害ふぁ出てきます。

 

また、人によっては、もっと、悪影響がでて、肝機能障害、心臓肥大、精神高揚などの弊害が出たり、また、最悪の場合、死に至る場合もあるとの事です。

 

とそんだけ、身体に悪い事なので、オリンピックでは、禁止されているとの事です。

 

なるほど、なるほど^^