糖尿病 予防 にカフェインがいいって本当?

皆さんは、知っていましたか?

 

コーヒーを毎日、適度に飲む人は、コーヒーを飲まない人より

糖尿病になる確率が低いとの事です。

といいうのもコーヒーの中に含まれるカフェインは、私達の体の中に細胞内の中で、エネルギーを作りあげる

ミトコンドリアという器官により働きかけ、より活発に、私達が、動けるようになるんlを手助けとなる物質でも、あるのです。

 

ということで、甘いものは、やめられない、また、運動するのも好きでないあなた。

 

でも、なんか少しでも、糖尿病の予防のことを、したいあなた。

 

是非とも、毎日、コーヒーを飲む習慣をつけるといいかもしれません。

 

それ以外にも、コーヒーには、

ダイエットにも、効果あり、

勉強の前に、飲めば、脳の働きを活性化させるし、肝臓にも、良いので是非とも、毎日、飲むことを、おすすめします。

 

 

コーヒーは、本当に体に良いの?コーヒーを飲めば眠れなくなるのは、本当??

あなたは、コーヒーが好きですか??

私は、大好きで、毎日、コーヒーをよく、飲みます。

朝目覚めに1杯、朝に10時頃に、缶コーヒーを1杯、昼食後に1杯、夕食後に1杯 っていうのが、だいたいのコーヒーを飲む回数です。

1ACOFEEY

 

なんで、こんなにコーヒーを飲むようになったかというと、思い起こせば、私が、19歳の時に、新聞配達をしながら、大学に行きました。

その時は、いつも朝、4時に起きて、新聞を配ったのですが、その時に、配達の途中で、いつも休憩して、自販機で、缶コーヒーを飲んで、一息つくようになり、

それから、クセになってよく飲むようになりました。

 

コーヒーを飲むと眠れなくなるは、本当??

よく言われてるのは、コーヒーには、カフェインが含まれていて、それで、目覚めさせる(覚醒作用)効果があり、だいたい飲んで、30分ぐらいから、効果が出て、8時間ぐらいは、その効果が続くとの事ですが、私の場合は、子供の時は、コーヒーを夜飲むと、確かに、眠れなくなりました。

でも、19歳の時に新聞配達を始めて、毎朝4時に起き、そのまま、学校で、勉強そして、夕刊を配り、という毎日、かなりきつい生活をしていたのですが、その際にいくら夜にコーヒーを飲んでも、まったく気にならず眠れるようになりました。
おそらく、究極的に疲れていたら、コーヒーのカフェイン効果も効かないというのが、私の体験から、実証されたと思います。
なので、多少の眠気覚ましなら、コーヒーは、聞くけど、かなり眠かったら、効果もないという事です。

 

コーヒーの効果は、どうなのの?体に良いの??

ある研究により、コーヒーを1日3から4杯飲む人は、コーヒーをあまり飲まない人より、心臓病に関連する狭心症や心筋梗塞など病気にかかる確率が、36パーセントも、低く。それから、脳疾患や呼吸器疾患も40%ほど、なる確立が低いという結果が出てます。

というよにコーヒーをよく飲むようにすれば、重大な病気にもなる確率が低いので、積極的に飲むべきですね!!

でも、どうしてコーヒーを飲むとそのような重大な病気にかかる確率が低くなるのでしょうか??

その理由は、コーヒーい含まれているクロロゲン酸やカフェインの効果が有効に働いているからなのです。

というのも、クロロゲン酸によって、血糖値の上昇や、コレステロールの上昇を抑制する作用と、カフェインによって、血管収縮作用が有効に働き、血液の流れが改善されたというのが、このような重大な病気にかかる確率が低くなった理由なのです。

 

あなたも元気に長生きできるようにコーヒーを飲むようにしましょう!!