簡単に眠れるようになる方法

どのくらいの睡眠をとれば、十分の睡眠をとったといえるのでしょうか??

一般に、いわれているのは、7時間から8時間の睡眠が必要といわれてますが、現代社会において、だいたい4割ぐらいの人が睡眠が十分にとれていないといわれています。
そして、睡眠が十分にとれっていないと、仕事も効率よく働くことは、できなかったり、生産性もおちるので、やはり十分の睡眠ができるようにしたほうがいいです。
でも、仕事や家庭で忙しく、いろいろストレスがたまり、短い睡眠時間でも、なかなか

なかなか寝付けないという人もいるかと思います。

そんな人は、普段、いろいろなことで、ストレスを感じていて、それにより、意識しなくても、普通より呼吸が、早く浅くなる傾向があり、それにより、なかなか、寝付けないという方が非常に多いです。

大きくゆっくり呼吸して、肺に多くの酸素をとりいれ、心臓や、中枢神経を落ち着かせ、精神も落ち着かせることが重要です。

 

ということで、そんな人におすすめな少ない睡眠時間で早く深い眠りにする方法を紹介します。
その方法とは、4-7-8呼吸法 という方法で寝床に入ってすぐに深い眠りに入る方法です。
その方法とは、
まずゆっくり4秒間、、鼻から息を吸い、その後、7秒間息を止めます。

その後は、8秒間、口から息をゆっくりと吐く方法です。これを繰り返します。

だいたいこれを3分ぐらいやるとだいぶリラックスして、良い睡眠ができるようになります。

ととても簡単な方法なので、ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です