欧米人の食事が、日本の食事より健康にいいの??

 
欧米人の食事が、日本の食事より健康にいいの?

 

というと、おそらく、皆さん、

エエ、何いっているの??

と言われると思います。

1NIKU

 

そうですよねえ。欧米人の食事といえば、なんか、お肉に、チーズに、ポテトとを、がつがつ食べ、なんかあまり体にいいというイメージは、ないと思います。

しかし、実は、この欧米人の食事をうまくとると、死亡リスクが低下するという事実が、ある研究結果で、分かったとの事です。

 

 

でも、どうして、そのような欧米人の食事が長生きするのに効果があったのでしょうか??

 

 

その研究結果によると、日本で、年齢が40から69才の人を8万人を対象に調べ、

日本人の食事のパターンは、大きく3つに、分かれます。

 

A、健康を意識した食べ物(魚、野菜、大豆製品、きのこ類、海藻類、緑茶)をよく食べるグルーブ

B,欧米人の食事を好む(肉やパン、乳製品、コーヒー、果物のジュース)グループ

C,日本の伝統的な食事(ごはんやみそ汁、漬け物、魚介類)を好むグループ

 

これらのグループで、長くに研究した結果、日本の伝統的な食事をよく食べるグループには、あまり、関連性は、見付ける事が出来なかったのですが、欧米人の食事を好むグループと、健康を意識した食べ物をよく食べるグルーブ には、死亡リスクが下がる結果が出たのです。

 

健康を意識した食べ物をよく食べるグルーブが死亡リスクが下がるというのは、当然ですが、どうして、欧米人の食事を好むグループも、

死亡リスクが下がるという結果がでたのでしょうか??

欧米人の食事というと、なんか体に悪いというイメージがあると思うのすが、どうして、死亡リスクが下がるか疑問に思われる方もいるかと思います。

その理由は、たとえ欧米人の食事といっても、食べる量が、とても重要で、欧米人のように、すごい量食べると

当然、体に悪いですが、欧米人の食べる物を適度に食べる事が、とても健康でいわれるポイントです。

なので、彼らがよく食べるお肉や乳製品を適度に摂り、食事後に、コーヒーを飲むというのが、健康を意識した食べ物をよく食べるグループには、少し不足していた、体に必要な食べ物であり、また、欧米人の食事は、塩分が少ないので、このような死亡リスクが下がるという結果がでました。

特に、ミルクや、チーズを中心に乳製品をよく摂る欧米人の場合、これらの乳製品から、たくさんカルシウムをとる事ができ、これが、血圧を下げる効果などあり、その為に、脳卒中になりずらい体質をつくりあげているとの事です。 

 

こららの結果から、やはり重要なのは

健康を意識した食べ物をよく食べながら、塩分を控えるようにして、欧米人の好む、肉や、乳製品なども、バランスよく適度に食べる事が、長生きの秘訣という事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です