暗闇恐怖所 もしくは狭所恐怖所の症状ってどんな感じ

本日 仕事であるお客様のセントラルヒーターのダクちテイングを取り替えが終わって帰ろうとしたらオーナーが、ぜんぜん温風がでいていないとのこと??

1aduct

ええ。どうしてと思い確認しにアンダーグランドに行ったらなんと、

そこのオーナーの猫がそのダクトのなかに入りこんでいるではありませんか。

 

どうやらダクトを取り替える時にグリルを開けて作業をしてしまったので、その誰もいない時にネコがその時に入りこんでしまったようです。

その為、猫が温風をブロックしていたために、温風が出ていないと感じたようです。

ということでアンダーグランドにいる猫をダクトから、追い出すように、グリルから、ダクトを取り外しネコを外に出そうとしたら、今度は、他のダクトラインにこのネコは、入りこんでしましました。

そして、ついてないことにそこのアンダーグランドはとても狭いスペースでどうにか這って動けるスペースしかなくおまけに今日は簡単な作業とおもたので強力な懐中電灯も持ってこなく唯一ヘッドライトだけだったのでだいぶ暗いところででしかも狭いところででの作業をしないといけなかったのでだんだん疲労もたまり少し頭がおかしくなりかけました。 

いわゆるちょっとしたパニック障害みたいになり頭がクラクラしてきて、もう、早くここから、出たいという気持ちになりました。

 

きっとこの気持ちは地震とかで建物が倒れてその地下に取り残されてでもどうすることもできない状態の気持ちとおそらく似ている感覚だと思います。

きっと皆さんも一度、狭く暗いところで1時間ぐらい作業をすればどんな気持ちになるだいたいかわかると思います。とてもたまらない絶望的なきもちになりますよ。

まあ、そういうパニック障害みたいになりましたが、少し冷静になるため、一度、そこで、休憩して地面に3分ごろ寝ころんで、いたら、少し楽になったので、再度、ネコを探しました。

結局、アンダーグランドに1時間ぐらいいて、ネコを探しましたが、

どうやら、ネコの声も音もしないので、どこから、逃げ出したようです。

本当に、大変な1日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です